シズカゲルはニキビ跡に効かない理由

シズカゲルがニキビ跡にいいかどうか気になっていませんか?

私もニキビ跡があるので、すっぴんや肌に自信が持てず消し去りしたい気持ちもわかります。

ただ、シズカゲルはニキビ跡への効果はありません。

その理由を簡単にお伝えします。

シズカゲルがニキビ跡に効かない理由は効果が認められていないから

シズカゲルは薬用化粧品ですが、効果が認められているのはメラニンの生成を抑えてシミやそばかすを予防するという効果です。

他にも薬用化粧品はニキビの予防効果が認められているものもありますが、シズカゲルは効果が認められてません。

化粧品自体はニキビ跡に有効な効果が認められていないため、ニキビ跡は化粧品に頼るというよりかは皮膚科で治療した方がいいです。

ただ、ビタミンC誘導体自体は良いとされている

シズカゲルには2種類のビタミンC誘導体が含まれていますがビタミンC誘導体自体はニキビに良いとされています。

もちろんビタミンC誘導体の濃度によるため、化粧品に含まれている濃度では高い作用は期待できないでしょう。

こう書くと「じゃあ、化粧品使う意味なくない?」と感じるかもしれません。

シズカゲルのような化粧品を使う意味が全く意味がないということではありません。

化粧品はお肌を保湿して肌を健やかな状態に保ってくれる役割があります。

ニキビ跡になるようなニキビができてしまうのは、保湿不足の肌を守ろうと皮脂を大量分泌してしまうことがスタートなので、しっかり肌を保湿して皮脂が出過ぎないようにするのは大切なことです。

まとめ

シズカゲルはニキビ跡には効果がありませんが、ビタミンC誘導体自体は有用とされています。

化粧品でニキビ跡をケアすることはできませんが、保湿をしっかり行うことでニキビの始まりである皮脂の過剰分泌を避けることが重要です。

シズカゲルの他の効果や口コミが知りたい方のための記事もありますので、合わせてご覧になってみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました