シズカゲルとシミトリーの違いを化粧品成分の有資格者が解説

この記事ではシズカゲルとシミトリーではどっちが自分に合うのか迷っているあなたのために、両方を使ったことがあり化粧品成分上級スペシャリストの資格を持つ私が違いをお伝えします。

シズカゲルもシミトリーも実は両方東洋新薬という会社が作っていて、成分の構成が全く同じです。

成分だけみればどちらも同じなのですが、使ってみると明確に配合比率が違い向き不向きがあることに気づきます。

買って使ってみないとわからないことも多いので、お役に少しでも立てましたら幸いです。

シズカゲルとシミトリーの違いは時短のしやすさとテクスチャー

使用感についての比較

シズカゲルはテクスチャーがシミトリーと比べて少し固めで、滑らかに肌全体を覆ってくれるような使用感です。

シミトリーと比べてシズカゲルの方が増粘剤などの高分子の素材の比率が多いと考えられます。

一方、シミトリーは比較的柔らかく、使ったあとはさっぱりしています。

使いやすさについての比較

時短で考えるとシズカゲルの方がチューブタイプでゲルを出して顔に塗るまでの時間が少なくて済みます。

一方、シミトリーはジャータイプで蓋を回してスパチュラを取り出して…と時間がかかります。

なので、小さいお子さんがいたり、仕事などで朝が忙しい場合シズカゲルの方が使いやすいです。

口コミや効果についての比較

効果についてはシミトリーもシズカゲルも同じ会社が作っていて成分が同じということもあり、シミ予防と乾燥小ジワへの効果、保湿効果など同じです。

ただ、口コミではPRの仕方の違いなのか、インスタなどでの口コミはシズカゲルの方が若い方向け、シミトリーの方が年齢層が高いように思います。

シミトリーは遼河はるひさんをCMに起用していることも考えると40代以降の方向きに作られていると考えられます。

成分や副作用など安全面についての比較

成分については最初にも触れていますが、全く使われているものが同じです。

ただ、テクスチャーからするとシズカゲルの方が表面にピタッと馴染んでくれるような作りになっています。

副作用など安全面については心配になるような成分はありません。

詳しく知りたい方はシズカゲルの全成分を1つずつ解説した記事もありますので、ご覧下さい。

価格面での比較

容量は双方60gと同じです。

一方価格はシズカゲルが定期コースでずっと2,980円であるのに対して、シミトリーは初回が3,980円、2回目以降は4,299円と高めです。

返金保証もシズカゲルが30日、シミトリーが14日と差があります。

シミトリーの方が高いのにはいい成分が多く配合されている可能性もありますが、コスパ重視であればシズカゲルを選ぶ方がいいでしょう。

コスパや時短重視ならシズカゲルの方がシミトリーよりおすすめ

シズカゲルとシミトリーの比較をまとめるとこのようになります。

シズカゲルは朝忙しく時短やコスパを重視する方、インスタ映えして若い世代に人気のものを使いたい方におすすめ。

シミトリーはさっぱりした使用感でありつつも保湿感を求める方、肌への密着感が苦手な方、ゆっくりケアをする時間が取れる方におすすめです。

シズカゲルの詳細が知りたいならこちら

シミトリーの詳細が知りたいならこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました